文庫本と単行本はどちらが好きか

今日は図書館に行って、瀬尾まいこさんの『図書館の神様』を借りてきました。
空いている時間に読み進め、今はちょうど半分くらい。明日には読み終わるかな?

話は変わりますが。

文庫本と単行本はどちらが好きか。
前に友人からそう質問されたことがあります。当時の私は「単行本かな」と答えました。
文庫本はほとんど同じ大きさに揃えられていて、なんだか本の個性が隠されてしまうような気がしてあまり好きではなかったのです。

でも、今日『図書館の神様』を読んでいて、文庫本も悪くないなと思いました。
単行本と比べると、とても軽くて小さいので外出先での読書に便利なのです。
電車の中で読んでいても他の人にぶつかりそうになったりしませんでしたし、片手でも簡単に安定して持つことが出来ました。

今まで文庫本はあまり読んでこなかったので、気が付きませんでした。
気が付かせてくれた『図書館の神様』には感謝しないといけませんね。

それでもやっぱり単行本の方が好きですが、これからは文庫本もたくさん読んでいきたいです。